news

【アラフォー女性注目!】婚活の理想と現実をまとめてみた

アラフォー結婚 サークル

自身に合うより良いパートナーを求めて、また仕事に対して日々努力をしてキャリアアップをしているアラフォー世代の女性。
今まで仕事に打ち込むあまり恋愛を後回しにしていたり、また純粋に出会いが無かった方も含めて、婚活を始めてから知った理想と現実があるのではないでしょうか。

「アラフォーの女性は婚期を逃している」
「今から始めてもなかなか良いご縁を掴むのは難しい。」

といった意見を耳にしますよね。
ただこれらの意見はあくまで印象論に過ぎず、事実とは異なる事が殆どです。
アラフォー女性が婚活する際に意識する事は現実と理想の違いです。
婚活が上手くいっていないと感じるアラフォー女性が陥りやすいのは、現実と理想のギャップに気が付かず自身の理想が相手に押し付けてしまう事です。
それでは、アラフォー女性が婚活する時の現実と理想の違いを知り、婚活に対してより前向きに行動する為に必要な心得をみていきましょう。

1.アラフォー女性が婚活するのに年齢は関係無い

自身の年齢を必要以上に気にして、積極的に婚活に打ち込むことができない方は一定数います。

「アラフォーだと難しいんでしょ?」
「男性は若い女性がいいんだよね?」

とネガティブな考えになる必要はないんです。

アラフォー女性ならではの男性を引き付ける魅力はたくさんあります。
例えばこれまでの人生経験が若い世代に比べて良い事も悪い事も乗り越えてきている点です。
相手に対して寛容になれますし、もし結婚生活で多少のズレがあっても修正できるコミュニケーション能力があります。
若い世代は経験がない分、つい感情的になり話し合いができない事が多いですが、アラフォー女性は仕事などを通じて様々な性格の方に出会ってますので、落ち着いて話し合いができますよね。
結婚という人生の中の節目に対し、このような考え方やモノの捉え方はとても大事ですよね。

2.とはいえ考え方次第で難しくしている女性も多い

アラフォー女性の婚活は時に考え方次第でなかなかうまくいかない事もあります。
上記に挙げた「年齢を必要以上に気にして一歩踏み出せない。」事の他に以下の例が挙げられます。

2-1.独身の今の生活に満足してしまう

女性の社会進出が当たり前になった昨今、40歳前後のアラフォー世代の中には仕事が順調で経済的にも余裕がある方もいます。
確かに1人で生きていくには不自由することはないですよね。
そのため、仕事ができるアラフォー世代の方の中には

「結婚は人生の一大イベントかもしれないが個人的には仕事のほうが優先度が高いかな。」

と考えてしまう事も事実です。
また特に実家暮らしですと自身の両親もいますし孤独に悩むこともありません。
このような方は現在の衣食住が安定していることもあり、「今の生活で十分満足しているから現時点でムリに結婚を考える必要はない」という気持ちになりやすい傾向にあります。

2-2.男女の仲の深めるのに適度な距離感がわからない

バリバリ仕事をこなすアラフォー世代の女性にいえることですが、周囲が恋愛を楽しんできた20代30代の時に仕事を優先してきた方が多く各々自分なりのプライドを持っています。
そのプライドが良い方向に向けば問題はありませんが、中にはそのプライドが変な方向にいき、「いいな!」と思った男性に対して素直に甘えることができないという方もいます。
男性は「女性から頼られたい。甘えられたい。」という方が多いです。
ですから女性が適度に甘えることで男性は

「自分を頼りにしてくれている気がする」
「女性らしい弱さを自分だけに見せてくれている気がする」

といった気持ちになりやすいく、その分仲も深まっていきます。

もちろん限度を超えた甘えやワガママはNGですが、適度に甘えるという行動は大切なことでもあり婚活がうまくいく上で必要となる大事な要素の一つです。
恋愛上手な女性であれば無意識で行うことができますが、仕事ができる素晴らしい女性の場合は自立している分心の中で

「私は他の人に甘えなくても大丈夫な女性なんだ。」

という感情が残っている場合があります。
一概に全てのキャリアウーマンがこのような気持ちを持っているとは断言できませんが、単純に

「甘え方がわからなくてどうしよう。」

と悩む女性もいます。こればかりは婚活の場で慣れていくしかないようです。

3.アラフォー女性が結婚できる確率をあげるには?

ここではアラフォー世代が結婚できる確率を上げるのに意識しておきたいことを紹介したいと思います。
ツボを押さえる事により、ミスマッチを防ぐ事ができますし、効率よく婚活をおこなう事ができますよ。

3-1.自身の同世代に絞って婚活をしよう

女性の場合は同年代かそれより年上(アラフィフ世代)の方に絞って婚活を行うことも良い婚活の仕方です。
男性も年齢を重ねれば重ねるほど社会的な地位も上がり、年収も安定しやすい傾向があります。ですのでアラフォー世代の男性は真面目に仕事をしている方であれば少なくとも生活に困ることはありません。また、自分より年上の男性であれば、男性が好む年下の女性という条件にも当てはまるためお互いに満足できるご縁に結び付く可能性は高いといえます。
最近の婚活市場では年上の女性を好む男性も徐々にですが増えてきています。アラフォー女性にとっても自身の年齢よりひとつやふたつ下の男性とのご縁も視野に入れる事ができます。
ただまだまだ少数ですので、基本は同世代、少し上の世代を意識した方が良さそうです。

3-2.条件より相性を重視しよう

結婚する男性に求める条件を挙げる女性は多いですよね。

「年収は○○万円以上。○○大学を卒業して一流の企業に勤めている人が条件」

という理想を持つのは自由ですが、
そのような男性はライバルも多くなかなか良いご縁まで結びつくのが難しいのが現状です。
勿論、「それでも理想を追い求めたい」という覚悟を持っている方であれば問題はありません。
しかしその考えに囚われず、もう少し視野を広げてみると一気に良いご縁に出会える可能性が高くなります。

具体的には年収、年齢、容姿などに注目するのではなく「二人で一緒にいる時の居心地・過ごし易さ」を重視します。
年収も結婚生活をする上で確かに大切なことですが、真面目にコツコツと仕事をしている男性であれば大きな贅沢はできなくても普通の生活をするには十分です。
また、そのような仕事に対して真面目な男性というのは根本的な性格も真面目で一途な方が多いため、仲が深まるにつれて

「優しさが伝わってくる。」
「誠実な人柄がすごく伝わってくる。」

という感情を抱くことがあります。
条件のみで婚活相手を絞ってしまいますとこういった男性とは出会えません。
アラフォー世代の女性は会話を重視して相性を確かめてみるのも良い方法だと思います。

4.アラフォー世代は子どもを期待しない結婚もアリ

「結婚イコール子ども」という考えを持つのはごく自然の事ですよね。
しかし女性が妊娠できる年齢や時期には限りがあります。
妊娠・出産の問題は、女性側の年齢にだけ関わるものではありません。年齢、性別に関係なくリスクはどうしても考えなくてはいけません。

「どうしても子どもが欲しい!」

という女性であれば話は変わってきますが

「2人の時間を大切にして生きていければ十分だ。」

という方に関してはムリに子どもを期待する結婚は必要ありません。
アラフォー世代の婚活では

「子どもはいたら嬉しいけど、いなくても2人で楽しい時間を作れればいい」

という柔軟なスタイルを事も大事です。
やはりその為にもお互い話合ってコミュニケーションを取る事が鍵になってきます。

5.婚活に対して前向きに、そして柔軟な考え方をしよう

今回はアラフォー女性の婚活の理想と現実について紹介してきました。
これを読んだ方の中には「やっぱり難しそう。」「私には無理かなぁ。」と少し後ろ向きな気持ちになったかもしれません。ですが本当に大切な事は婚活を実際にしてみて行動に移すことだと思います。頭で考えているだけでは何も始まりませんよ。

当サークル社会人サークルKARINでは様々なテーマ別のイベントでアラフォー女性の婚活を応援しています。自身に合ったテーマ、気になったイベントでぜひ素敵なご縁を見つけて欲しいと思います。
残された人生を充実したものにするためにも、今から積極的動いていきましょう!

▽40代の婚活を頑張る方でKARINに興味を持って頂いた方は、イベント一覧からお好きなイベントにお申込みをお願い致します。
■40代中心の社会人サークルKARIN イベント一覧へ